健康のための病気対策や老後対策はヘルシー情報館

赤ちゃんの歯並びについて

自分の子どもが産まれたら、元気ですくすく育って欲しいと願うのが親ですよね。ここではそんな方のために赤ちゃんの歯並びについて、注意点や歯並びと指しゃぶりの関係、歯科矯正の必要性や時期など赤ちゃんの歯についてを解説していきます。

では、まず赤ちゃんの歯並びについて見ていきたいと思いますが、歯並びというのは、赤ちゃんにとってみれば非常に重要な事になるのです。

そもそも、歯並びが悪ければ、その影響によって噛み合わせが悪いという事に繋がりやすいのですが、前歯と奥歯とで物をしっかりと噛んで食事が取れないという事にもなりますので、食事の際にあまり噛まずに飲み込んでしまって、途中で詰まったりして胃腸障害などを引き起こす可能性があるのです。

それだけでなく、体の成長に影響してしまう恐れもあります。
他にも、唾液の流れが悪くなってしまう事などから虫歯にかかりやすくなるといった事や、歯並びが悪いために、歯磨きなどでキレイに磨けず磨き残しがあるための虫歯といった事も考えられます。

また、噛み合わせが悪いという事によって、場合によっては発音についても上手に出来ないといった事も起こりえるそうです。

この噛み合わせについてですが、原因としては遺伝なども影響するようです。
ほかにも親知らずといった事も遺伝などと関係すると言われているようです。

注意点として挙げれることとしては、おしゃぶりについてですが、3歳を超えても使用したりしていると、影響がでてしまう傾向もありますし、赤ちゃんは指しゃぶりをよくするかと思いますが、それによって歯並びを悪くしてしまうといった可能性もありますので注意が必要です。

歯並びが悪いと、育ってから思春期などになって、子供なりに色々と悩みを抱えてしまう子もいますので、赤ちゃんの頃から歯並びを悪くしたりしないようにと親が注意をしておくようにしましょう。

赤ちゃんの指しゃぶりと歯並びの関係

先ほど、赤ちゃんの指しゃぶりは歯並びに影響を与えるという事を書きましたが、これについてもう少し深く見ていきたいと思います。

指しゃぶりがどうして影響を与えるかというと、指しゃぶりをしてしまうと、結果として歯を押している状態になってしまいます。
そういった事などから、歯並びにも影響が出てしまうと言われています。

特に、これは歯が生えてくる生えはじめの時に注意が必要と言われています。
とはいえ、指しゃぶりは赤ちゃん特有の行う行為でもあり、神経質になりすぎて常時注意をしてしまうと、今度は赤ちゃんにとってストレスになってしまう可能性があります。

ですから、赤ちゃんが指しゃぶりをしない様な環境や状況というのを作っていくのが必要です。
遅くとも、幼児になる前までにはそういった環境を作るように心がけてください。

乳児における歯並びについて

乳児期の歯は乳歯とも呼ばれますが、この時は今後の歯並びに関しても、非常に影響していくと言われています。

そもそも、乳歯というものはいずれは永久歯へと生え変わります。
とはいえ、乳歯の段階からしっかりと注意を怠らずに、虫歯を作らないようにしていくことが重要になっています。

乳歯が虫歯となってしまい、本来であれば自然に抜けるはずが、その前に抜いたりしてしまうと、新しく生えてくる歯にも影響が出てしまい、正しい位置に生えてこなかったり、色々と影響が出てきてしまう恐れがあります。

ですから、いずれ生え変わるんだから…といって油断をしたりしないように注意しましょう。
きちんと乳歯の段階から正しい歯磨きを心がけて、しっかりとケアをしていくことが虫歯にもならず、キレイな歯並びへと繋がります。

歯並びの矯正の時期と費用について

とはいえ、気をつけていたとしても、歯並びがキレイになるとも限りません。
どうしてもずれてしまうといった事などは、場合によっては起きてしまいます。そいうった時は矯正などを考えてみるのも1つの手ですね。

歯並びの矯正、および歯並びの治療に関しては、子供の場合ですと、おおよそ小学生の低学年の頃に相談するのが良いといわれています。

早い段階であるほうが、歯などが柔らかいため、時間もそこまでかけることなくキレイに矯正する事が可能になるようです。

できるだけ早い段階のほうが良いというだけであって、それよりも早いから、遅いからダメという事はもちろんありません。
その子によっては、もっと早い段階で矯正したほうがいい。といった場合もあります。もちろん後回しになってしまって後からでもやっぱり矯正しよう。といった場合もあるかと思います。

自分1人で判断したりせず、まずは専門家に質問したり相談するようにしましょう。
また、矯正などに関しては費用についてもそれなりな額がかかってくることになりますので、段階を見て色々今後の事も考えながら判断を下すようにしましょう。


Previous Entry : 食道がん/食道癌の症状(初期/自覚)と原因や予防対策とステージや生存率