食道がん/食道癌の症状(初期/自覚)と原因や予防対策とステージや生存率

食道がんとその初期症状について

現代社会を生きていくにおいて、病気というのは非常に恐ろしいものであるとともに、予防や対策をしていきたいと思うものでもあります。特に癌(がん)は現代においては非常に恐ろしいものとなってきています。

そんな癌と言っても、実際には色々な種類があったりします。胃がんや膵臓がん、乳がん肺がんなど、今回はその中でも「食道がん」についてを見ていき、その症状や対策などを紹介したいと思います。

食道がん(食道ガン)というのは、その名の通りになりますが、食道に発生する上皮性由来の腫瘍(癌腫)になります。

食道がんの初期症状がどういうものかというと、食道に関して違和感を持ったりといった不定愁訴に近いものがあります。

また、リンパ節転移が多い事や、食道というのは他の消化器や臓器などとは違って、漿膜(外膜)を有していないといった事があるために、比較的周囲に浸潤しやすいという事も言われています。

そしてガンの進行という観点においては非常に早いと言われているにも関わらず、食道癌の発見は、どちらかというと遅れやすいという特徴があるのです。

食道がんと診断を下された人の中の割合として、その時点において74%の方が嚥下困難が見られ、そして14%の方が嚥下痛があると言われています。

また、食道ガンの診断を受けた人の57%もの人が体重が減少しているという結果があるとともに、この体重が減少するというその減少の程度が、BMIで10%以上の減少が見られた方というのは、残念ながら予後不良の可能性が高い傾向にあると言われています。

呼吸困難や咳嗽、さらには嗄声や胸骨後部、または背部や右上腹部痛なども症状としては稀ではありますが、進行している病変の存在を示唆するものとなります。

自覚症状なども含めた食道癌の症状について

食道がんは、先ほども述べたように、発見が遅れやすいガンでもあります。
そのため、どういった症状が食道がんの症状としてあるのかを知っておき、不安や何か思う事があれば、確認をして早期発見に努めなければなりません。

では、食道ガンの症状としてどういったものが挙げられるかというと、まず1つ目としては、何か物を食べた際に、つかえを感じたり、しみる感じを覚えるという事が挙げられます。

これは食道がんにおける初期症状に当たるのですが、何か熱いものを食べたというような場合でもしみるような感じを覚えたりする事が挙げられます。

また、がんが少し進行して大きくなってくると、食道の内腔が、ガン細胞の増殖によって狭まれてしますため、食べ物を飲み込もうと思った際に多少つっかえた感じがするようになってきます。

また、食道ガンの2つ目の症状としては、嘔吐が挙げられます。
これがなぜ起こるのかというと、そもそも食道癌が大きくなり、食道を塞ぐ程までの大きさになってくると、当然ながら食べ物や飲み物を飲み込もうと思ってもなかなか飲み込めなくなってしまい、そのために吐いてしまうのが原因となります。

そして3つめの症状としてが、咳や血痰というのがあります。

これは食道ガンが進行してしまって、その範囲が気管や肺にまで達してしまった場合に、それらを刺激して咳や血痰が出るといった症状が見られる場合があります。

4つ目としては、胸痛が挙げられます。
これも、食道がんが進行してしまって、その範囲が背骨や肺にまで達してしまった場合に、胸の痛みであったり、背中の痛みという症状が見られる場合があります。

そして5つ目の症状として挙げられるのに、嗄声があります。これは「させい」と読みますが、もともと食道の横には、声帯の動きを調節してくれる神経が通っているのですが、食道ガンが進行してしまって、それらの神経までも侵してしまうと、嗄声が起こるといった事があります。

そして、食道がんになると、食事がまともになかなか取れなくなるという事の影響で、体重が減少するという症状も見受けられます。

食道がんの原因を知った上での予防対策

では、こういった食道ガンというのはなぜ起こるのでしょうか。なぜ起こるのかという原因などを知っておくことで、がん予防やガン対策なども考えていけるようになります。

そもそも、食道がんというのは重荷食道粘膜の刺激によって引き起こされると言われています。

具体的にどういうことかというのを解説してみると、まず1つめとしての原因がたばこの摂取に当たります。
これは、タバコに含まれている有害物質によって、食道の粘膜が刺激されてしまい、食道がんになってしまう可能性が高まるのです。

またタバコだけでなく、アルコールも適量ではなく過度に摂取してしすぎると、食道粘膜を傷つけてしまう事になりますので、この事から食道がんになってしまう可能性が高まるといえます。

さらには、食道粘膜を傷つけるという観点から言って見れば、熱い飲み物などに関しても同様の事が言えますので食道がんになってしまうリスクというのは少なからず高まると言えます。

そして、食道がんになる可能性が高い状態においては、バレット食道と呼ばれるものがあります。
このバレット食道というのは、胃液が逆流する事によって食道の粘膜が障害を受けてしまい、その再生と障害が長期間にわたって繰り返されてしまっていくうちに、食道の粘膜が胃の粘膜に似た構造へとなってしまうことを言います。

こういった危険因子が食道がんには存在します。
タバコは吸うだけでもそうですし、アルコールなどの摂取も、適量に抑えておくように心がけたいところですね。

Next Entry : 子供/赤ちゃん/乳児歯並び&おしゃぶり/親知らずと歯並び矯正の費用料金
Previous Entry : バナジウム効果や糖尿病予防の効能&富士山のバナジウム天然水の価格