βグルカン/ベータグルカンのがん・癌効果効能やガン免疫作用の測定

がん予防の効果効能もあるβグルカン

最近よく話題になっていて耳にする事が増えてきた単語に、βグルカンというのがあります。βグルカンという単語を聞いたり見たりなどした事があるでしょうか。

ベータグルカンとは、簡単に言ってみれば健康に役立つと言われている成分の1つになります。
βグルカンについての発表に関しては、アメリカだけでなく様々な世界の大学、さらには研究機関などからもされています。

そして、発表されているとともに、今もなおベータグルカンにおいて研究が続けられているのです。

βグルカンというのは、身体の抵抗力を強くしてくれ、生まれながらに持っている免疫力をより高めてくれる働きを持っているといわれています。

この免疫力を高めるという働きを利用する事で、ガン予防であったりがんの治療をしたりする方法が注目されていたりするのです。

ベータグルカンにはβとグルカンという2要素に分かれていて、ブドウ糖が多数結合した物質の総称をグルカンと呼び、アルファ型とベータ型があります。
この中で健康維持に役立つとされているのがβ型になり、そしてこれがベータグルカンと呼ばれているものになります。
また、別名グリコプロテインとも言われます。

βグルカンは、結合のパターンによって細分化されます。
その中で、ベータ1.3Dグルカンというβグルカンがあるのですが、このベータ1.3グルカンが健康維持に役立つとされているβグルカンにあたります。

一般的にベータグルカンと呼ばれるのは、このβ1.3Dグルカンのことを指す事が多いといえます。
では、ベータグルカンはどいうったものに含まれているかというと、主に舞茸や椎茸、ハナビラタケ、霊芝、アガリスクといったキノコ類に含まれているのです。

またパン酵母の細胞壁にも含まれていると言われています。
キノコ類には、抗がん作用があるという事は昔から言われてきていました。そして、今このβグルカンの研究が進んできたことによって、言ってみればキノコ類には、抗がん作用があるということが判明したと言えるのかもしれません。

ベータグルカンの効能

そんなβグルカンですが、気になる効果や効能について見ていきましょう。
ベータグルカンの効能として、最もよく知られているものとしては、先ほども説明していた抗がん効果かと思います。

生体恒常効果(ホメオスタシス)と呼ばれている、体の状態を正常にするという効果を、βグルカンは持っているのですが、実際にはそれだけではなく他にも持っています。

ウィルスや細菌が体の中に入ってきた時に、これを対処してくれるのがベータグルカンになります。
結果的には、がん細胞の増殖を抑えてくれたり、がん細胞を消し去ってくれたりする事が、今βグルカンには期待されています。

そして、ベータグルカンには再発防止であったり、がんの転移の予防という効能も持ち合わせています。

βグルカンは、ガンに直接働いたりして、がん細胞を小さくしてくれるという事ではありません。
特徴として言えるのは、体の免疫力を高めてくれる事で、直接的ではなく間接的に、ガンを小さくするという効能があるのです。

近年であれば、治療だけではなく、他にもアレルギー疾患であったり、アトピー性皮膚炎といったようなものにまでベータグルカンの効能が研究されていますし、効果もあげていると言われています。

免疫力が低下してしまうと、ガンは発生しやすい環境になってしまいますが、免疫反応が敏感すぎる事が原因で起こりやすくなってしまうのが、アトピー性皮膚炎であったりアレルギー疾患になります。

βグルカンは、キノコから抽出されますが、この中の多糖類に、上記のような過剰な免疫反応について抑えてくれる働き・効能がありますので、正常に免疫が働いてくれるようになります。

ベータグルカンには、アトピー性皮膚炎やアレルギー反応などについて改善される事が期待されます。

キノコ類にはβグルカンが含まれていますし、これにより体調リズムを整えてくれる効能ももちあわせています。
ベータグルカンは、病気に対する回復力を高めてくれたり、成人病予防といった効果や効能を持っている事が、多くの研究者によって公表されています。

βグルカンのガン治療での有益性

ベータグルカンは、先ほどからも紹介していたようにガン治療において、有益性があると考えられていますし研究がなされています。

しかしながら、実際にはβグルカンだけで、がんが治った例というのはかなり少数だったりします。
ただ、これはほとんどの人がベータグルカンの摂取を始めた時には、もう既にがん治療やがんとの闘病を病院で長く続けているような人たちだからとも言われています。

こういう方の場合、免疫システムが既に相当に弱っているといった事が考えられます。
がん治療の後に、βグルカンを投与してみたとしても、その場合であれば、免疫システムが弱りきっていりうため、そう簡単には正常な状態に戻す事はできないし難しいと言えます。

とは言え、ベータグルカンを飲み始める時期が遅かったとしても、それは無意味という事ではなく、βグルカンを飲む意味は色々なところで効果を発揮してくれます。

それは、既に回復できないほどに免疫システムが弱っていたとしても、大丈夫です。
なぜなら、ベータグルカンには延命効果があるとも言われているからです。

βグルカンは、がん細胞を積極的に減らしてくれるという効能だけでなく、進行しているがんの腫瘍についても抑制してくれるのです。

がん治療において一般的で広くとられている手法でもある抗ガン剤による化学療法には副作用が伴います。
副作用としては、主に下痢や嘔吐、味覚異常などが挙げられます。

抗がん剤は、がん治療に多く使われたりしますが、ガン細胞だけを攻撃してくれるわけではありません。
がん細胞を攻撃してくれるとともに、骨髄の血液細胞であったり、消化管粘膜細胞も同時に痛めてしまったり弱めてしまったりするのです。

そのため、ベータグルカンで刺激をしておくことで、例え抗ガン剤を使ったことでリンパ球や好中球といったところの一部が死滅したとしても、残った細胞が仲間の細胞を増殖させていく効果があります。

ベータグルカンは、言ってみればガンの化学療法に伴う副作用で、痛めやすい部分を強化してくれ、保護してくれるという有益性も持ち合わせています。

こういった事からも、βグルカンを使う事によって、ガン治療の化学療法の副作用を抑える事ができ、長く治療を続けることもできるというメリットが挙げられます。

Next Entry : 鼻づまり解消法や赤ちゃん新生児の鼻づまり原因や解消の薬/ツボ
Previous Entry : 手ツボや頭ツボから肩こりや頭痛/眠気から顔のツボの部位や効果